古筆いろはかるた

い 一番初めは大聖武
ろ 六代伊行 父との合筆
は 版を重ねた名葉集
に 二段に書かれた歌仙歌合
ほ 本阿弥切 道風は光広の極め
へ 平家納経願文 清盛自筆
と とりあへず学大成を確認
ち ちらし書きの古例 虚空蔵菩薩念誦次第紙背仮名消息
り 良寛も学んだ秋萩帖
ぬ 布目を打って雲母を刷り
る 類聚歌合 平安時代の歌合大成
を 小倉色紙 真贋が難しい
わ 王者の風格 筑後
か 翰墨城 鈍翁旧蔵
よ 予楽院の研究の成果 大手鑑
た 為恭遺愛の品
れ 列帖装と綴葉装は同じ装丁
そ 装飾料紙の見本市 本願寺本三十六人家集
つ つづけ書きとはなち書き 定実の妙
ね 年代測定 科学の力
な 中院切と烏丸切の区別
ら ライティングでキラキラ 雲母砂子
む 宗尊親王 平安時代
う 繧繝彩色 関戸古今
ゐ 威勢のいい伊房の書
の 残つた奥書 今城切
お 老いた俊成の奇癖
く 雲紙いろいろ重之集
や 八幡切と香紙切 麗花集の貴重な伝本
ま 万葉集の五大写本
け 月台 近代古筆研究の出発点
ふ 風信帖を切った秀次
こ 古今集 朗詠集 その他
え 延喜式の紙背に残つた兼行書状
て 伝称筆者は筆者にあらず
あ 謝つてばかりの佐理
さ 西行を伝称筆者とする一連の古筆
き キリではなくキレ
ゆ 行成の子孫 世尊寺
め 名家家集切の大きな飛雲
み 見努世友と藻塩草
し 真行草で書かれた三体白氏詩巻
ゑ 絵より詞書を見よ 源氏物語絵巻
ひ 屏風詩歌切 行成のかな
も 木食応其が秀吉から拝領した高野切
せ 切断され修学院切と名付けらる
す 寸松庵と継と升とで三色紙
京 京にあり 大坂にあり いろんなところにあり