読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

九品仏東門扁額

先日、紅葉狩り九品仏を訪れた際、東門に掛かる扁額を目にしました。

f:id:ouix:20161208170646j:plain

読めない。。。

というわけで、僅かに読めるところを手がかりに調べてみると、どうやら四天王寺の石鳥居に掛かる扁額と文言および筆跡が同じものですね。字配りと扁額のデザインは異なりますけれど。その四天王寺の扁額の画像は、ネット上にたくさん転がっているのでそちらをご覧ください。

四天王寺 石鳥居 扁額 - Google 検索

で、その釈文と解釈を、四天王寺の公式サイトから引用すると、

扁額の文字は「釈迦如来 転法輪処 当極楽土 東門中心」と書いてあり、これは『 おシャカさんが説法を説く所であり、ここが極楽の東門の中心である』の意です。

境内ご案内 - 参拝・供養・祈祷 - 和宗総本山 四天王寺

「処」? 「所」のような気がします。

検索してみると「処」と「所」の両方見つかりますね。「処」にしているのは公式サイト由来でしょうか。まあ意味は同じだしどっちでもいいのかもしれません。(いいのか?)

四天王寺とは逆に、九品仏では東門に掛けられています。境内を極楽に見立てているのでしょうか。特に紅葉の季節はきれいですから、そんな例えも分からないではないですけどね。