読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東博に行ってきました

f:id:ouix:20160404200528j:plain

庭園を一番の目当てで行ったのですが、天候不順で本日は開放中止。いつもタイミングが悪くて、今まで1度しか入ったことがないんですよね。残念。

f:id:ouix:20160404193730j:plain
源俊頼筆 拾遺抄切(B-2936)@本館特別1室(東京国立博物館コレクションの保存と修理) 2016年3月15日(火) ~ 2016年4月24日(日)

伝俊頼筆の拾遺抄切。なお3室に展示されている手鑑「月台」に押されているのは伝公任筆で別本。古筆学大成未掲載? 唐紙(七宝繋文)。古筆学大成の解説によるとこの拾遺抄切にある文様のうち七宝繋文と花菱文が東大寺切と元永本にも見える(同版?)とのことで、時代もそのころ。

  たいしらす  みなもとのつねも■
あはれとしきみたにいはゝこひわひて
しなんいのちのをしからなくに
よみひとしらす
あひみてはしにせぬみとそなりぬ
へきたのむるにたにのふるいのちを
        柿本人丸
ちはやふる神のやしろもこえぬへし
いは□わかみのをしけくもなし

1行目。作者は源経基なので最後の字は「と」のはずですが「と」に見えず。はっきりしないものの強いて言うなら「り」でしょうか。最終行「いまはわかみの」とあるべきところ、2字目は明らかに「は」(隣りとほぼ同形)、3字目不読、4字目も判然とはしませんがこれは「わ」でよさそうです。

f:id:ouix:20160404221115j:plain
1行目行末
f:id:ouix:20160404221122j:plain
最終行行頭


f:id:ouix:20160404193734j:plain
藤原行成筆 関戸本古今和歌集(B-3448)@本館4室 2016年3月15日(火) ~ 2016年4月24日

平成26年度新収品。その時の展示で1度取り上げています古今集の巻1で内容は連続しています。ただ古筆学大成では右片は掲載されていますが(1巻p232図版211)、左片は未掲載。


f:id:ouix:20160404193731j:plain
唐紙法華文句切(B-12-5)@本館3室 2016年3月1日(火) ~ 2016年4月10日(日)
f:id:ouix:20160404193733j:plain
藤原行成筆 唐紙法華文句切(B-2461)@本館3室 2016年3月1日(火) ~ 2016年4月10日(日)

この2葉について「ツレだと思われます」と前に書いたのですが、『出典判明仏書・経切一覧稿』p30では別にしていてアレって思い今回見比べてみたところ、寸法が少し異なるようですね。ツレではなさそう。

f:id:ouix:20160404212844j:plain

なお『一覧稿』によると、翰墨城(MOA美術展蔵)や筆陣毫戦(五島美術館蔵)に押されているのは3行の方のツレとのこと。


f:id:ouix:20160404193736j:plain
近衛信尹筆 柿本人麿自画賛(B-3253)@本館8室 2016年3月8日(火) ~ 2016年4月17日(日)

柿本人麿の四文字をくずして簡略に人麿像を描き

と解説にありましたが「柿本人麿」ではなく「柿本人丸」でしょう。

f:id:ouix:20160404193729j:plain


f:id:ouix:20160404193737j:plain
葛飾北斎筆 鷽 埀櫻(A-10569-662)@本館10室 2016年3月15日(火) ~ 2016年4月10日(日)

これ好きなんですよね。

鳥ひとつ濡れて出にけり朝さくら 雪万


f:id:ouix:20160404193738j:plain
f:id:ouix:20160404193739j:plain
広目天立像(京都・浄瑠璃寺蔵)@本館11室 2016年1月19日 ~ 2016年4月17日(日)

華麗な彩色・截金文様に飾られた本体だけでなく、光背・台座まで造像当初の姿をよく残している。

と説明板に。ということは、この2枚目の彩色も当初ということ?