読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

e国宝の便利な機能に今さら気づきました

e国宝って表示される画像すべてにURLが設定されるのですね。知らなかった。。。

今までかんばって○○コマ目だとかこのあたりだとか言葉で説明してきたのに、リンク貼れば一発じゃないですか。

たとえば「元永本にも猿はいます - ときかぬ記」で取り上げた「猿子鬼尾」で「ましものを」と読ませる1例はこれ、「普賢菩薩の乗る象は雄だそうで - ときかぬ記」で触れた東博の国宝普賢菩薩像が乗る白象のあれ、「太子の御手皮を題簽に用ゐしといふ梵網経 - ときかぬ記」題簽の上巻下巻、「伝越部局筆「阿野切」の特殊表記和歌 - ときかぬ記」で挙げた元永本の特殊和歌表記の1例、「粘葉装の書写は綴じの前か後か? - ときかぬ記」の「眷」の右払いが右のページにかかっているように見えるというのはここ

現在東博本館12室に展示中の砧蒔絵硯箱の蓋表に書き込まれた「しられ」と「ぬる」。また枕に描かれた動物はバクとのこと。e国宝の「國寶」字は大聖武からのもので「國」はこれで「寶」はこれ。元永本上帖の巻8・403番歌「まとふまて」の衍はわざとなのか? なんて話もしやすいですし。

説明があったらちゃんと読んでおかなきゃダメですね。

e国宝について