読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東博蔵の文陀竭王経(元興寺経)は法隆寺献納宝物ではないのか?

太子の御手皮を題簽に用ゐしといふ梵網経 - ときかぬ記」で引用した大屋徳城の『寧楽古経選』の一節を再び引用します。

 七大寺の写経は何故に斯くの如く滅亡せしか。之に対する解答は三あり。
(略)
 二は明治時代に優秀なるものを、皇室に献納せしこと之なり。法隆寺に伝はりし聖徳太子の筆と伝ふる法華義疏を始め、般若心経・尊勝陀羅尼・阿弥陀経の貝葉経、太子の御手皮を題簽に用ゐしといふ梵網経、長寿三年の跋ある法華経天平十二年三月の御願経たる文陀竭王経の如きは、最も優秀なる写経なるが、何れも御府に入れり。以上の写影は「法隆寺大鏡」に収む

国立国会図書館デジタルコレクション - 寧楽古経選. 上

このうち、今回は「天平十二年三月の御願経たる文陀竭王経」について。

天平十二年三月の御願経」というのは「藤原夫人一切経」また「元興寺経」と呼ばれる一切経のことです。願文は次の通り。

天平十二年歳次庚辰三月十五日正三位藤原夫
人奉為 亡孝贈左大臣府君及見在 内親
郡主発願敬写一切経律論各一部荘厳已訖設
斎敬讃藉此勝縁伏惟 尊府君道済迷
途神遊浄国見在 郡主心神朗慧福
祚無壃伏願
聖朝万寿国三清平百辟尽忠兆人安楽及檀
主藤原夫人常遇善縁必成勝果倶出塵労同
登彼岸

仏説阿難四事経 - e国宝

藤原房前の娘(藤原夫人)が、房前三周忌にあったて追善のために書写させたと考えられている一切経で、元興寺に伝来し表紙に「元興寺印」の朱円印が捺されているため「元興寺経」とも呼ばれているものです。十数巻が現存すると思われます(後述)。

このうちいま問題にしている「文陀竭王経」は東京国立博物館蔵(列品番号B-1631)。去年の10月から11月に展示されていたようですね(東京国立博物館 - 展示 日本美術(本館) 仏教の興隆―飛鳥・奈良 作品リスト)。

この展示リストを見ると「文陀竭王経」は「法隆寺献納宝物」と記されていません。また法隆寺献納宝物は列品番号が「N」で始まるのですが、これは「B」で始まっています。念のため『法隆寺献納宝物目録』(東京国立博物館、1974年、NDLサーチ)も確認しましたが、当然掲載されていません。つまり、該経は法隆寺献納宝物とはされていないようです。

しかし、上に引用した『寧楽古経選』には、明治時代に法隆寺が皇室に献納したものであると書かれており、そのことは注に挙げられた『法隆寺大鏡』で裏付けられます。

     第二十、御物 文陀竭王経竪八寸五分
黄紙墨書、所謂光明皇后御願経なり、御願経は諸処に離散し、今その全豹*1を窺ひ難けれど、此経の存するはこれを完成する所以の唯一の資料たるを失はず、紙に横簾あり、また寸弱を距てて竪簾あり、これ当時の穀紙の証徴とするに足るべし、

国立国会図書館デジタルコレクション - 法隆寺大鏡. 第9集

法隆寺大鏡』に掲載されているので法隆寺蔵品だったものでしょうし、「御物」と書かれていることから献納品であることがわかります。この解説では該経を「光明皇后御願経」と誤解しているので分かりにくくなっていますが、後掲の画像をみると藤原夫人一切経元興寺経)であることは間違いありません。転載しておきます。

f:id:ouix:20150908204856j:plain
国立国会図書館デジタルコレクション - 法隆寺大鏡. 第9集

法隆寺献納宝物と言われるには私の知らない条件があって該経はそれを満たしていないのか、それともどこかの時点で目録に不備があり漏れたのか。まあ、献納宝物であるか否かはどうでもいい話ではあるのですが、近代初期に法隆寺の所蔵品だったという伝来・旧蔵者の情報が消えてしまっているのは惜しいなあと思って書いてみました。

さて、後に回した現存品について。田中塊堂さんの『日本古写経現存目録』(思文閣、1973年、NDLサーチ)から藤原夫人一切経の所蔵リストを転載します。なお誤植を訂正し体裁を調え、また所蔵者のうち個人名は某に直しました。「/」以後は私の追記。追記を書いていないものは現時点で私が所在を確認できなかったものです。

1番上の一切施王所行檀波羅蜜経(根津美蔵)は田中光顕の旧蔵品で、光顕の『古経題跋随見録』に記載されています。

上の画像の一番左から下の画像にかけて。下画像の第1行に「天平十二年三月十五日正三位藤原夫人云々」と願文冒頭が写されています。「蜷川旧蔵」の蜷川は蜷川式胤(ウィキペディア)でしょうか? ただし、この頭注は該経に係らないようにも見えます。「琳琅閣」は現存する古書店。「右四種之経廿九年八月廿二日一見。青山文庫ニ入ル」で、1896年以後に光顕が他3巻とともに琳琅閣から入手したようです。なお、この『随見録』で青山蔵また青山文庫蔵などと注される光顕旧蔵の写経の多くが根津美現蔵品なんですよね。根津嘉一郎がまとめて譲り受けたものでしょうか。「軸象眼入」というのが気になります、展示があれば確認したいところ。

*1:ママ