読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気になる断簡の連れを予期せず見つけるとうれしい

日本の書と紙―古筆手鑑『かたばみ帖』の世界

日本の書と紙―古筆手鑑『かたばみ帖』の世界

今日、図書館でふと手にとって見たのですが、表紙の左の画像がどこかで見覚えのある料紙。

拡大してみましょう。

日本の書と紙―古筆手鑑『かたばみ帖』の世界

酢漿切じゃないですか!!

「翰墨城」に貼られた1行断簡の料紙に見惚れて気になっていたものです。あわてて解説を読むとこの2葉以外に連れは知られていないとのこと。

ほかパラパラめくってみると、なかなか面白そうな手鑑だったのですが、いま「見ぬ世の友」と格闘中なため浮気している暇もなく、そっと書棚に戻した次第。一段落ついたら読みます。