読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青山根津翁紀恩碑

根津美術館に行くといつも気になっていたこれ。

f:id:ouix:20141104030546j:plain

先日、裏にまわって写真を撮ってきました。

f:id:ouix:20141104030639j:plain

青山根津翁紀恩碑陰記
我日本麥酒鑛泉株式會社本稱加富登麥酒會社明治三十九年
起工場于尾之半田後幷帝國鑛泉日本製壜金線飮料三大公司
改令稱更設工場東京大阪名古屋製造麥酒汽水麥芽玻瓈壜麥
酒冠加富登及裕爾恩之名汽水附三矢竝金線之標販路日開業
績月著昭和八年十月與大日本麥酒株式會社合同議成距創立
實二十八年矣其間財界劇變所未曾有破産喪家者不可勝數獨
我社資本六十萬圓増二千萬麥酒釀造年額一萬石至三十萬新
加汽水十萬石是社長青山根津翁經營得宜之所致也翁資性豁
達而謙虚剛膽而細心識見高邁意志堅確其視事也秉公持平其
待人也推誠垂恩是以社運隆隆遂能濟有終之美翁持身簡素善
積善散夙捐鉅萬貲起武藏高等學校又相地京北將創寺院先鑄
巨鐘其扇揚教化移易風俗之意可見矣平居愛玩書畫古器蒐集
之富冠于海内者出于保藝術護國寶之誠翁好讀太閤記私淑豐
公久矣宜乎其風格有相似也我等嘗列籍日本麥酒鑛泉者見聞
所濡染親近所熏炙頑懦之質猶覺有所與起恩徳莫大焉乃胥議
建紀恩碑勒其梗概于碑陰云爾
         從六位文學博士加藤虎之亮 譔
           從四位勳三等工藤壯平 書
昭和十一年十月    日本麥酒鑛泉株式會社全員建之



1933年大日本麦酒に合併されるにあたり、日本麦酒鉱泉株式会社の社員一同が経営者根津嘉一郎に感謝の意を表したものみたいです。

前半は簡単な社史。

日本麦酒鑛泉 1921年根津嘉一郎が経営する加富登麦酒(カブトビール。愛知県半田市)が帝国鉱泉(三ツ矢シャンペンサイダー)と日本製壜(山本為三郎創業の製ビン会社)を合併して成立。1925年横浜の金線飲料を合併。ユニオンビールを主力商品とし、カブトビール、三ツ矢シャンペンサイダー、金線サイダーを製造販売していた。特に大日本麦酒とは激しい販売競争を繰り広げたが、1933年に大日本麦酒に合併。

日本麦酒 - Wikipedia

後半は根津翁の人柄と事蹟を称えたもので、武蔵高校の設立や朝霞の大梵鐘の製作、古美術蒐集などが語られています。大梵鐘については「朝霞大仏物語」が参考になります。