太子の御手皮を題簽に用ゐしといふ梵網経

大屋徳城の『寧楽古経選』を読んでいたら次のような記述がありました。 七大寺の写経は何故に斯くの如く滅亡せしか。之に対する解答は三あり。 (略) 二は明治時代に優秀なるものを、皇室に献納せしこと之なり。法隆寺に伝はりし聖徳太子の筆と伝ふる法華義疏を始め、般若心経・尊勝陀羅尼・阿弥陀経の貝葉経、太子の御手…